スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【RP】☆2015/10/10 Trinsic首長日記より抜粋☆

・本記事は飛鳥Trinsic首長、Taがうおみん等に書き込んだRPストーリーの転載です。
・タイトルに【RP】と付くものは全てキャラクターとしての発言である事をご留意頂けるよう、お願い申し上げます。

-------------

アバター時間 : 2015/10/10

本日は未踏の地である、イオドーンの谷の通行が確立された
初めての評議会だ。

やはり思ったとおり、この話題が今回の話では多く話された
新技術・新装備・新種族・新モンスター、話題は尽きない。

私も評議会前におもむき、
ゴリラに石より硬いバナナを投げつけられたのは正直驚いた。

イオドーンの谷は驚きと発見でいっぱいだ。

さて、新しい話題に沸くのも良いが、忘れてはいけないことがある。
Trinsicより行方をくらませたライキュームの研究員達のことだ

彼らの捜索を行う中でコアの研究保管をしていた魔導研究所に
不審な人物の目撃があり紫電騎士団と共におもむくと
その者から捜査の進展につながる情報を得られた。

その情報を元に捜索を行うと、彼らの野営地を発見することが出来た。
だが、それ以上の捜査にはつなげられず、
評議会での報告になったのだが・・・

それぞれの報告や思惑が交差してヒートアップ・・・
相も変わらず騎士団とムーングロウの険悪さが明るみに出てしまっている
彼らにはもう少し仲良くしてもらいたいものだな・・・

ムーングロウのaloneが調査の際に強力な魔力防壁を発見したという報告で
評議会の後にベルナルド卿と共に野営地に向かう事になった

野営地には誰もいなかったが、報告があったとおり
強力な魔力防壁が展開されており、これを突破しないことには
彼らが何処に向かったのかがわからない。

ムーングロウ首長とaloneがこの魔力防壁を解除することになったが
さすがと言うべきか、あの複雑な魔術法式を2人で展開解除するとは
やはりムーングロウの魔術技術と知識には驚かされる。

魔導技術の発展にはやはりムーングロウは欠くことが出来なさそうだ
いろいろ問題点は多いが、協力関係は崩すことは出来ないだろう・・・

さて、驚いている場合ではない
守護モンスターを協力者達と共に討伐して進むと
デシートのダンジョンにたどり着いた・・・

先に進むと、本来いるはずのない異形なモンスターが多数襲いかかってきた
なにやらきな臭い状況になってきている中、
研究者達が何をしようとしているのか
おぼろげながら見えてきた気がする・・・

だがやはり確信が持てないことは口にするべきではないだろう・・・

そうこうしているうちに、先ほどとは比べられないぐらいの
強力な魔力防壁と防壁から漏れ出す守護モンスターの
異常なほどの空虚な殺意が漂ってくる。

さすがにこれは準備もなく進むのは自殺行為に感じられる。

ベルナルド卿も含め皆も同じ意見のようで一度引き返すことになった。
Trinsicより消えた研究者達があの先で何をしているのか
あの嫌な予感しかしない魔力防壁の先で
彼らがまだ「人」として生きているのか
先に進む準備を騎士団にさせつつ、こちらももしもの時の為に
備えておくとしよう・・・・。

-------------
関連記事

theme : Ultima Online
genre : オンラインゲーム

Asuka Yew Information
ギルド契約:神秘秘術ギルド
(魔法ダメージ+5)

市政・イベントへの
ご意見ご感想は
UO内市政ストーン横ヘラルド
もしくは首長私邸
(市政ストーン南すぐ)
ポストまで!


当ブログはリンクフリーです。



Copyright (C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo, Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.
カテゴリ
リンク
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。